Skip to content

Flare Red - G-SHOCK MAGAZINE | G-SHOCK 腕時計

検索

Personal Menu

お気に入りに商品が追加されました。

THE GSHOCK FLARE RED
MTG-B3000FR & GWG-2040FR

2023年で誕生40周年のアニバーサリーイヤーを迎えるG-SHOCK。これを記念するスペシャルモデルの第1弾として発表されたのが、Flare Red MTG-B3000FRとGWG-2040FRの2モデルだ。ベースモデルに選ばれたのはMT-GとMUDMASTERという、G-SHOCKの先進性を体現する時計だが、いずれのモデルも一見して目を奪われるのは、ベゼルに広がるレッドやオレンジの有機的なパターン。「Flare Red」のネーミングが示すとおり、それは太陽の爆発現象──すなわち、太陽フレアを表現したデザインであり、アニバーサリーモデルにふさわしい、実に力強い表情を見せている。

G-SHOCKが40周年を迎えるにあたり、カシオでは、歴代モデルのコンセプトを振り返りつつも現代の解釈を加えて進化させるというテーマを掲げた。その皮切りとなる第1弾モデルにおいては、ブランドカラーを前面に出しつつも、アニバーサリーに最適な表現とするうえで、太陽をモチーフとするのがベストであると判断。結果、燃え盛る炎のようなパターンで太陽フレアを表現した外装パーツを取り入れた。

このデザインを具現するうえでのキーとなったのがマルチカラーカーボンインサートベゼル。うねりのある独特のパターンは、G-SHOCKフリークであればピンとくる人も多いのではないだろうか? そう。積層カーボンの断面を見せることによってマルチカラーのストライプパターンを表現した、2021年発表のモデルMTG-B2000XMGだ。Flare Redに採用されたベゼルは、この積層カーボンの技術をさらに発展させたもの。3D状の起伏を設けた金型を新規に作成し、ここにカーボンシートとグラスファイバーシートを規則的なパターンで積層。この積層シートをプレスして歪めた後に平たく切削すると、等高線が記された地形図をブラック&レッドで描いたかのような、太陽フレアを想起させるパターンが現れるというものだ。

またFlare Redでは、ベゼルの一部が暗所で発光して幻想的な表情を見せるようになっているが、これは特定のグラスファイバーシートに蓄光粒子を混ぜ込むことで実現した新たなデザイン手法。しかもGWG-2040FRに至っては、12時位置と6時位置のベゼルパーツにも蓄光フォージドカーボンを採用している。とりわけ、このベゼルパーツを製造するうえでは、発光する個所が偏らないように蓄光材の量や粒径をコントロールしつつ、G-SHOCKに不可欠な耐衝撃性能の確保も求められた。つまり、ルックスとパフォーマンスの最適なバランスを実現するべく、度重なるトライ&エラーによって完成したパーツであり、それはマルチカラーカーボンインサートベゼルよりも、はるかに製作難易度が高かったという。

太陽フレアを表現するうえで、もうひとつのデザインアクセントになっているのが、IP処理が施されたメタルパーツの存在。Flare Redでは、ベゼルリングにピンクゴールドIP、プッシュボタンやリュウズなどのパーツにローズゴールドIPを用いており、これらがマルチカラーのベゼルと組み合わさることで、炎のイメージをより一層強めている。もちろん、カラーIPはG-SHOCKを象徴する技術であり、長年の製品開発によってそのノウハウは蓄積されているが、ピンクゴールドとローズゴールドという微妙な色の違いを出すことはやはり、繊細な工程であったという。こうしたハードルを一つひとつクリアして完成した太陽フレアの表現は、G-SHOCKらしいパワフルなイメージを作り上げていることはもちろん、アニバーサリーモデルにふさわしい高級感や特別感をも携えることとなった。

新たなテクノロジーを取り入れたFlare Redは、たんに40周年記念モデルというだけではなく、G-SHOCKの優れた技術力を実感できるタイムピースだ。とりわけ太陽フレアをモチーフとした斬新なルックスは、カシオがこの数年推し進めているCMF(カラー・マテリアル・フィニッシュ)デザインをより発展させた内容となったが、今後はG-SHOCKのブランドイメージであるタフネスや屈強さを表現するために、より多彩なCMFデザインが生み出されていくという。

そのカラー開発は、基本的にはデザインチームが中心となって進められるが、昨今のG-SHOCKはより複雑な技術を駆使して製作されているだけに、デザイン担当といえども時計パーツの製法を熟知しなければ色のコントロールができない。そのため現在は、外装設計のチームも一丸となってカラー開発を進めているという。技術力はもちろん、企画・生産体制にも一層の磨きがかかったG-SHOCK。それゆえ、新たにスタートする40年は、G-SHOCKならではのデザイン表現がますます独創性を強めつつ、より多くの時計ファンを魅了する内容へと、さらなる進化を見せていくことだろう。

MTG-B3000FR-1A
¥165,000(税込)

GWG-2040FR-1A
¥143,000(税込)

Select a location