GM-B2100 - G-SHOCK MAGAZINE | G-SHOCK 腕時計

検索

Personal Menu

お気に入りに商品が追加されました。

The GM-B2100

特徴的な八角形のベゼルを見ればひと目でわかるが、G-SHOCKフルメタルシリーズのニューカマーであるGM-B2100は、近年のヒット作のひとつであるGA-2100をベースに作られたモデルだ。

GA-2100が誕生したのは2019年のこと。カシオでは数年前より、若い世代をターゲットとした新モデルの開発を進めており、その結果完成したのが初代G-SHOCKのフィロソフィを継承しつつ、小型かつよりミニマルなルックスに仕上げたGA-2100だ。当時のG-SHOCKはラギッドなデザインがラインナップの主流。そのため、シンプルさを追求したデザインは社内でも賛否が分かれたというが、いざ蓋を開けてみればGA-2100はグローバルで高い支持を獲得。日本でもG-SHOCK史に残るヒットを記録し、その後は、メタルカバードモデルのGM-2100や、スマートフォンリンク&タフソーラーを搭載したGA-B2100など、急速にラインナップを広げているのはご存知のとおりだ。

一方、2018年にGMW-B5000でデビューしたフルメタルG-SHOCKは、CMF(カラー・マテリアル・フィニッシュ)デザインを駆使してバリエーションを拡充するのみならず、2020年には初代アナログ×デジタルコンビネーションモデルをベースとしたAWM-500をリリース。GM-B2100は、これに続くフルメタルシリーズの第3弾となる。これまでフルメタル化されていたのはG-SHOCKのレガシーモデルのみであったため、わずか3年前に登場した新鋭モデルがラインナップに加わったことはなんとも意外だが、カシオによれば、GA-2100の世界的なヒットを受け、これを次世代のマスターピースに育てる意味も込めて、フルメタルシリーズに加えたのだという。

GM-B2100のサイドビュー。

GMW-B5000のサイドビュー。

核となる耐衝撃構造はGMW-B5000で採用されたものを踏襲。モジュールを保護するセンターケースとトップベゼルとのあいだにファインレジンの緩衝材を挟み込み、ダンパー効果を与える構造だ。しかし、GM-B2100はアナログ表示であるため、落下時の衝撃でダイヤル周りのパーツや針が脱落する恐れがあることに加え、同じくアナログ表示のAWM-500よりも文字板の構成が複雑になっているため、その設計を流用するわけにもいかなかった。そのためGM-B2100では、従来のフルメタルモデルにおける耐衝撃構造をベースにしつつ、AWM-500のダイヤル構造をアップデートさせるなど、新たな設計が取り入れられている。また、最も特徴的な八角形のベゼルは巧みな鍛造技術によって成型。サテンとポリッシュとで仕上げ分けられたベゼルは高い質感を備え、アナログ表示モデルにふさわしい高級感をも獲得した。G-SHOCKのオリジンから抽出された八角形ベゼルのデザインは、最新世代のアイコンであるGM-B2100においても確実に継承されているのだ。

また、GA-2100は小型・薄型化を追求したモデルで、そのコンセプトはGM-B2100にも受け継がれているが、一方ではフルメタルシリーズの共通エレメントであるスクリューバックも外すわけにはいかない。そこでGM-B2100では、センターケースやトップベゼル内側の肉を極限まで削ぎ落としつつ、さらにはベゼル天面とガラス面とのクリアランスを抑えることで、ケース厚は12.5mmをマーク。フルメタルシリーズ最薄を実現しただけでなく、GA-2100と比べてもプラス0.6mmの厚さにとどめており、2100シリーズのコンパクト&スリムなプロポーションが楽しめるようになっているのも魅力のひとつだ。

もちろん、GM-B2100は性能面のみならず、ルックスにも妥協のない姿勢が表れている。カラーバリエーションには新たにローズゴールドを加え、フルメタルシリーズの今後の広がりを予感させるようなラインナップとしただけではなく、歴代の2100モデル(GA-2100、GM-2100、GA-B2100)のいずれとも異なるダイヤルデザインを採用。インデックスや9時位置の針に立体感を持たせるのみならず、9時位置のC型リングを別パーツにしたり、デジタル表示部周囲のパーツに挽き目加工を取り入れたりするなど、山形カシオの優れた技術を用いながら、フルメタルシリーズにふさわしいリッチな表情を実現している。歴代の2100シリーズよりも確実にダイヤルの質感が向上した。

2018年の誕生以来、数多くのモデルを展開し続けてきたフルメタルシリーズだが、GM-B2100の登場で改めて実感するのは、絶えずアップデートを続けるカシオの妥協なき姿勢だ。CMFデザインがもたらすGM-B2100のバリエーションはもちろんのこと、ハイスピードで進化を続けているフルメタルシリーズの今後の展開も、引き続き注視していく必要がありそうだ。

GM-B2100D-1A
¥71,500(税込)

GM-B2100GD-5A
¥80,300(税込)

Select a location