Skip to content

NEO UTILITY - G-SHOCK MAGAZINE | G-SHOCK 腕時計

検索

Personal Menu

お気に入りに商品が追加されました。

Casio Created This Content in Partnership With HYPEBEAST.

G-SHOCKからミニマルなモノトーンカラーリングの
“Neo Utility”シリーズが登場

[Photographer:Nayquan Shuler/Hypebeast]
半透明の光沢クリアカラーのスケルトン素材をベゼルに採用し、
文字板にはメタリック蒸着とカモフラージュプリントをあしらう

耐衝撃ウォッチブランド〈G-SHOCK(ジーショック)〉から、“Neo Utility”シリーズと名付けられた新たなコレクションが登場した。同コレクションは、DW-5600SKC-1JFとGA-100SKC-1AJF、GA-700SKC-1AJFという3つのモデルで構成され、半透明の光沢クリアカラーのスケルトン素材をベゼルに採用し、文字板にはメタリック蒸着とカモフラージュプリントをあしらうなど、それぞれがアクセントの効いた腕時計に仕上げれらている。

今回のリリースでは、〈G-SHOCK〉らしい無骨なストリートスタイルを表現するためにグレーとブラックのモノトーンでカラーリングが統一され、全体としてクールな印象を醸し出す。また、ケースとバンドはグレーやブラックの樹脂パーツが使用されており、光沢感のある半透明のベゼルと美しいコントラストを生み出すことでミニマルな世界観を演出する。

そして、ここからは各モデルについてさらに詳しく深掘りしていく。まずは定番のDW-5600がベースモデルとなったDW-5600SKC-1JF。本モデルは、デジタル表示のELバックライトを搭載した腕時計であり、数秒間明るさが保たれる残照機能が装備されている。次のGA-100SKC-1AJFは、ビッグケースが印象的なGA-100をベースにブランド独自のLEDライトが組み込まれ、アナログとデジタルの両パターンで時刻を表示。最後はGA-700がベースモデルに選ばれているGA-700SKC-1AJFだが、こちらにもブランド独自のLEDライトとアナログ/デジタル表示が装備され、タイマーやカレンダー機能などももれなく付属したアイテムとなっている。

洗練されたデザインゆえに“Neo Utility”シリーズはファッションアイテムとしても身につけられるが、もちろん〈G-SHOCK〉の代名詞とも言えるトレーニングやアウトドアでのタフなシーンでの使用も想定されており、20気圧防水や耐衝撃構造(ショックレジスト)なども備えられた。本ブランドのファンはもちろん、これから門を叩く入門者にもおすすめしたい、幅広く活躍しそうなコレクションである。

そんな“Neo Utility”シリーズの気になる価格は13,200円から17,050円(税込)で、〈G-SHOCK〉公式オンラインストアなどで販売中だ。

Select a location