検索

お気に入りに商品が追加されました。

世界で活躍するプロサーファー、
「五十嵐カノア」シグネチャーモデル。

世界のトップサーファーをサポートし続けるG-LIDEの、
五十嵐カノアシグネチャーモデル第2弾です。
GBX-100をベースに、レーザー刻印ベゼル、オールブラック仕様など、
本人監修のデザイン、カラーリングで独自の世界観を表現しています。

GBX-100KI-1JR
¥29,700 (税込)

オーシャンウェーブパターン

迫力のあるビッグウェーブを、ベゼルのレーザー刻印とガラス印刷で表現。ビジュアルモチーフに、五十嵐選手がチューブライディングを決めた瞬間の撮影画像を使い、プロサーフィンの世界観を刻み込みました。

シグネチャーデザイン

文字板、裏蓋、バンド先端に、五十嵐選手のサインをレイアウト。また、バンドラグ側には、同選手の背番号である「50」を、ベースのソフトウレタン樹脂と質感の異なる塗料でプリントしています。

オールブラックカラー

五十嵐選手のこだわりを形にしたオールブラック仕上げ。すべてのパーツを黒で統一しながら、ブラックIPを施したベゼル、ハーフマットのソフトウレタンバンド、反転液晶など、異なる質感やトーンを取り入れ、個性を際立たせました。

スペシャルパッケージ

Biography

Kanoa Igarashi

五十嵐 カノア

カリフォルニア州ハンティントンビーチで父親のサーフィン姿を毎日眺めて育つ。3歳の時、見ているだけでは満足できなくなり自らも始める。すぐに才能を開花させサーフィン界の注目を集めるようになった。2009年、11歳の時、NSSA(National Scholastic Surfing Association)主催の大会で、1シーズン中の最多勝となる30勝という驚異的な記録を打ち立てる。2012年、USA Championship U-18を史上最年少の14歳で優勝。2016年、史上最年少、アジア人で初めて、プロサーフィンの世界最高峰、WSLチャンピオンシップツアー(CT)2016に参戦し、2017年には、地元ハンティントンビーチで開催された WSL Vans US Open(WSL QS10,000)で優勝する等、着実にその実力を発揮している。2019年には、CT第3戦の「Corona Bali Protected」でアジア人初の優勝を成し遂げた。2021年、東京2020オリンピックサーフィン競技に日本代表として出場し銀メダルを獲得。

TEAM G-SHOCK • BABY-G

G-SHOCK・BABY-Gのタフネススピリットに共感。
ワールドワイドに活躍するトップアスリートたち。

SPECIFICATIONS

  • 耐衝撃構造
  • 20気圧防水
  • スマートフォンリンク
  • トレーニング機能
  • ワールドタイム(38都市)
  • タイドグラフ
  • ムーンデータ
  • 日の出・日の入時刻表示
  • ストップウオッチ
  • タイマー
  • 時刻アラーム4本
  • オートLEDバックライト
    (スーパーイルミネーター)

「Bluetooth®」は、米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。

Select a location