Wear OS by Google G-SQUAD GSW-H1000

走る、鍛える。限界に挑む。
タフな自分を目指すためのマルチスポーツギア。

G-SHOCK初のWear OS by Google™搭載スマートウオッチ。
耐衝撃+20気圧防水のタフネスボディに、GPS機能+マルチセンサーを搭載。
日々のワークアウトからエクストリームスポーツまで、
様々なアクティビティに対応する機能を搭載。

GSW-H1000-1JR
¥88,000 (税込み)
付属品:専用充電ケーブル

GSW-H1000-1AJR
¥88,000 (税込み)
付属品:専用充電ケーブル

GSW-H1000-1A4JR
¥88,000 (税込み)
付属品:専用充電ケーブル

5月発売予定

※Wear OS by Google は、最新版の Android(Go バージョン、および Google Play ストアが入っていないスマートフォンを除く)または iOS を搭載するスマートフォンに対応しています。
国やプラットフォームによって、ご利用いただける機能が異なる場合があります。対応状況は変更される可能性があります。
Android、Google Play、Wear OS by Google、Google Fit は、Google LLCの商標です。

スポーツ計測 ACTIVITY

マルチスポーツに対応したカシオオリジナルアプリを搭載。ランニング、屋内ワークアウト、スイミングなどのトレーニング系から、
バイクやスノーボード、フィッシングまで、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトに対応し、幅広いシーンでの使用が可能。

ランニング

ペース、心拍数/心拍ゾーン/心拍グラフ、消費カロリー、距離、速度、ラップ、経過時間、平均ストライド/ピッチ、高度/高度グラフ、方位計、総上昇量/総下降量、気圧/気圧グラフ、地図/軌跡

屋内ワークアウト

セット数、心拍数/心拍グラフ、消費カロリー、インターバルタイム(カウントダウン)、レップ数(入力)、重量(入力)

ロードバイク

心拍数/心拍グラフ/心拍ゾーン、速度、道路勾配、距離、ペース、消費カロリー、ラップ、経過時間、高度/高度グラフ、方位計、総上昇量/総下降、気圧/気圧グラフ、地図/軌跡

サーフィン

経過時間、潮汐(干潮・満潮時刻、グラフ)、ライディング本数(入力)

主な対応アクティビティ

●ランニング ●トレイルランニング ●ロードバイク ●サイクリング ●マウンテンバイク ●プールスイミング ●サーフィン ●セーリング ●カヤック ●SUP ●スキー ●スノーボード ●トレッキング ●フィッシング ●ウォーキング ●屋内ワークアウト(24種)

モーションセンサー連携

別売りのGPS+9軸センサー搭載のウェアラブルデバイスで、ランニング中の身体の動きを高精度にトラッキング。
速く走る、長く走る、楽に走る。目的に合ったフォームづくりをサポート。

モーションセンサー連携

モーションセンサーと接続することで、ランニング時のフォームチェックが可能。ピッチやストライドのほか、蹴り出す加速度や腰にかかる衝撃、骨盤の動きや傾きなどの姿勢情報を細かく解析。さらに、計測データを専用アプリに転送し、フォームの分析や改善点などのパーソナル情報を提供。トレーニングの質を高めるのに役立つ。

※利用には、モーションセンサー(CMT-S20R-AS)、スマートフォンアプリ「Rummetrix」、Wear OS by Google用アプリ「Runmetrix」(2021年6月提供開始予定)が必要です。
※画面は開発中のものです。

SENSING [モーションセンサー]

GPS機能+9軸センサー搭載。
腰に装着して走るだけで、
20種類以上のランニング指標を計測。

MONITORING [GSW-H1000]

走行中、手元でランニング指標を
リアルタイムに表示。

※画面は開発中のものです。

COACHING
[Runmetrix]

フォームを分析し、ひとりひとりにあった 改善点をアドバイス。

Feature

製品特徴

マルチインフォメーション表示

ペースや心拍数などの計測情報を、上中下の3段で表示。表示項目をシーンや好みに応じて切り替えでき、自分専用の画面にカスタマイズ可能。

GSW_H1000_0221_2

CASIO's APPS

G-SQUAD PROの多彩な機能にクイックアクセス。画面の外周部をスワイプしアイコンを回転させることで、心拍計や地図などの機能をすばやく探し出せる。グローブ装着時には、ボタン操作による呼び出しも可能。

GSW_H1000_0221_2

オリジナルウオッチフェイス

多機能表示に適したDIGITAL、時刻表示と機能表示を自動切り替えするANALOGUE、視認性に優れた2レイヤー。シーンやスタイルに応じて使い分けできる3タイプのウオッチフェイスを開発。背景のパターンやテーマカラーの設定にも対応。

GSW_H1000_0221_2

テーマカラー設定

選択した色(ブルー、レッド、ゴールド、カスタム)を、各ウオッチフェイスの背景や計測画面のインターフェイスの配色に反映。

多彩な機能

現在地や移動軌跡がわかるMAPをはじめ、方位・気圧・高度計測、タイドグラフ、日の出・日の入り時刻など、多彩な機能を搭載。
©Mapbox ©OpenStreetMap

スマートフォンアプリ G-SHOCK MOVE

アクティビティの履歴や分析、進捗確認など、トレーニングに役立つ様々なログをアプリ上で管理可能。

G-SHOCK MOVE

G-SHOCK MOVE FREE

G-SHOCK 専用 スマートフォン アプリ

※画面は開発中のものです。

アクティビティ履歴(左)
計測データを、アクティビティごとに一覧表示。
走行距離・時間・ペース、消費カロリーなどのほか、ロードワーク時の移動軌跡も地図上に表示。

トレーニング分析(右)
時計で分析したデータをアプリ上に見やすく表示し管理。
トレーニングの進捗や成果がわかり、今後の対策に活用できる。

センサーオーバーレイ
アクティビティ計測中に撮影した動画・静止画をアプリで編集。
センサー計測情報をレイヤー表示した動画・静止画を作成し、SNSなどにシェアできる。

※ アプリケーション画面は全て開発段階のため、
最終仕様と異なる可能性がございます。

DESIGN & TECHNOLOGY

Web

GPS機能+マルチセンサー

GPS衛星から現在地の位置情報を取得。本体裏面の光学式センサーで心拍数を測定。さらに、方位・高度/気圧などを計測可能なセンサーを搭載。複数のセンサーで、活動状況をリアルタイムに計測します。

Web

二層構造ディスプレイ

時刻などの常時表示に適したモノクロ液晶と、地図・計測情報などを高精細に表示するカラー液晶を搭載。シーンに応じた使い分けを可能にし、常に優れた視認性をキープする。
©Mapbox ©OpenStreetMap

PC_GSW_H1000_0217_ol

耐衝撃+20気圧防水

G-SHOCK独自の耐衝撃構造と、防水仕様のマイク、充電端子を採用。手首で計測する光学式センサー(心拍計)およびマイクを搭載しながら、耐衝撃+20気圧防水を実現。

PC_GSW_H1000_0217_ol

ケース・ボタンデザイン

使用頻度の高いSTARTボタンに、アクセントカラーを施したアルミ素材を採用し、視認性と操作性を追求。また、ケース、バンドにハニカムパターンを施し、G-SHOCKらしいタフネスさを表現。

PC_GSW_H1000_0217_ol

チタン製裏蓋

裏蓋に耐食性に優れたチタン素材を使用し、チタンカーバイト処理を施し耐摩耗性を強化。

Web

Wear OS by Google™

最新のWear OS by Googleを搭載し、Google アシスタントや、メール・電話着信・SNSなどの各種通知に対応。Google Fit™、Google マップ™などのアプリも使え、デイリーユースに役立つ。Google Playからアプリをダウンロード可能。

Select a location