TEAM G-SHOCK· BABY-G - COLOR YOUR MOMENT | G-SHOCK 腕時計

検索

COLOR YOUR MOMENT

誰にでも平等に流れていく時は、⼀緒に過ごす⼈やシチュエーション、そして匂いや⾳など。
様々なスパイスにより、その⼈それぞれの“今”を彩っていく。

プロフェッショナルアスリートとして様々な⼤会でストイックに活躍する⽯川遼選⼿と⼩祝さくら選⼿。
そんな⼆⼈にも、リラックスをし、ただただ⾃由にゴルフを楽しむ時間が存在する。
⼈間としての魅⼒溢れる2⼈の⼿元には、ひと時の時間を彩る“ G-SHOCK ”が共にある。

SITUATION 01

幼少期より注⽬を浴びている⽯川遼選⼿と今回初めてチームG ‒SHOCKに加⼊することが発表された⼩祝さくら選⼿。
プロフェッショナルゴルファーとして活躍する彼らのパフォーマンスを最⼤限サポートをする機能性ウォッチ、
それはどんなタフな環境にも適応するG ‒SHOCKだ。
そんな彼らのオンコースでのG ‒SHOCKとゴルフの関係を、美しいシーンと共に切り取っていく。

SITUATION 02

プロゴルファーとして様々な⼤会や試合にて、常に注⽬を集める⽯川遼選⼿と⼩祝さくら選⼿。
そんな彼らのオフシーンとは?またその際の時計のスタイリングとは?
中々⾒ることのできないゴルフラウンド前の彼らの⾃然体なスタイルにフォーカスし、
お気に⼊りのG ‒SHOCKと共に切り取っていく。

PLAY FULL MOVIE

石川 遼

Biography

名前:石川 遼 - Ryo Ishikawa -

2008年1月、高校在学中ながら16歳でプロ転向を宣言。11月の「マイナビABCチャンピオンシップ」でプロ初優勝を飾り、初年度で賞金ランキング5位に入り、史上最年少での1億円プレーヤーとなる。愛称の“ハニカミ王子”が起こした旋風は社会現象にもなった。
2009年には「マスターズ」をはじめ海外メジャー3試合に出場し、国内では年間4勝を挙げ、1億8000万円を超える賞金を獲得、史上最年少での賞金王に輝く。
2010年「中日クラウンズ」でマークした「58」は、世界最少ストロークのギネス記録にもなった。2012年「三井住友VISA太平洋マスターズ」で優勝。2013年には主戦場を最高峰の米ツアーに移した。
日本ツアーでは2014年に1勝、2015年は最終戦「日本シリーズJTカップ」を制し、国内メジャー初優勝。16年は腰痛により5カ月間の長期離脱を強いられたが、復帰2戦目の日本ツアーで優勝。
近年は怪我の影響もあり苦しい戦いが続いているが、2018年からは史上最年少の男子ツアー選手会長として国内ツアーを牽引した。
2019年序盤は腰痛による棄権もあり、苦しんだが、復帰2戦目の「日本プロゴルフ選手権大会」優勝。また、「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」、「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を制し、14人目の生涯獲得賞金10億円突破を達成。

大塚 健

Biography

名前:小祝 さくら - Sakura Koiwai -

1998年生まれ。8歳からゴルフを始め、2016年のジュニアの時代にはLPGAツアーのニッポンハムレディースクラシックにて最終日最終組でプレーし、ローアマチュアを獲得。2017年にプロとしてLPGAツアーに参戦し、昨シーズン2020-2021年にはレギュラーツアー年間5勝と素晴らしい活躍を見せる。2022シーズンはメルセデス・ランキング1位に最も期待がかかる選手。

Select a location