ORIGIN GMW-B5000GD
Gallery

新世代
スクエアデザイン。

1983年に誕生したG-SHOCK初号機DW-5000C。
その象徴であるスクエアデザインを、
新たな耐衝撃構造によりフルメタル化し、
スマートフォンリンクをはじめとした先進機能を搭載。

唯一無二のタフネスウオッチ。
原点と進化が、ここにある。

※シルバー)GMW-B5000D-1JF、ゴールド)GMW-B5000TFG-9JR

Features

製品特長

「5000」シリーズ初のフルメタル仕様。

フルメタル耐衝撃構造

フルメタル耐衝撃構造

ステンレス製のベゼルとケースの間に、ファインレジン製の緩衝材を実装。G-SHOCK初号機のフォルムはそのままに、メタル外装による耐衝撃構造を実現。

バンド接続部

バンド接続部

バンド接続部を3本足構造とし、連結パイプに加わる衝撃を分散。また、メタル製のバンドピースにディンプル加工を施し、初号機の樹脂バンドデザインを継承した。

※GMW-B5000-1JFは樹脂バンド。

こだわりのメタル仕上げ

こだわりのメタル仕上げ

ベゼル天面やケース側面をヘアラインで仕上げ、メタルの質感を最大限に引き出した。裏蓋には、初号機と同じ、重厚で気密性の高いスクリューバックを採用。DLC処理を施し耐摩耗性を強化。

※写真はGMW-B5000D。

フィルムソーラーパネル+STN液晶

フィルムソーラーパネル+STN液晶

ソーラーパネルをガラスから加工性の高いフィルムに変更。中央に開口部を設けることで、外光の反射を抑え、液晶の視認性を向上した。さらに、液晶には高コントラスト、広視野角のSTN液晶を採用。

※写真はGMW-B5000D。

高輝度なフルオートLEDバックライト(スーパーイルミネーター)

高輝度なフルオートLEDバックライト
(スーパーイルミネーター)

高輝度の光で液晶部を照らし、暗所での視認性を確保。フェイドイン・フェイドアウト機能付き。

※写真はGMW-B5000D。

Bluetooth<sup>&#174;</sup>搭載電波ソーラー

Bluetooth®搭載 電波ソーラー

Bluetooth®、標準電波(マルチバンド6)による時刻修正システムに対応。世界中で最新のタイムゾーン、サマータイム情報を反映した正しい時刻を表示。

G-SHOCK Connected

G-SHOCK Connected FREE

G-SHOCK専用アプリ

リマインダー設定
アプリで作成した予定を、時計がリマインド通知。点滅やタイトル表示のほか、ライト点灯時に発光色が変化する。

自動時刻修正
1日4回

ローカルカレンダー設定
英・西・独・仏・伊・露の曜日言語、月日表示順対応

携帯電話探索

タイム&プレイスログ
時計のボタン操作で、その時点の時間と場所をアプリの地図上にスタンプ。タイトル編集しログデータとして管理可能。

ワールドタイム都市設定
300都市以上、オリジナルポイント登録対応

ホームタイム/ワールドタイム表示入替

※アプリケーション画面は全て開発段階のため、
最終仕様と異なる可能性がございます。

対応携帯電話(2019年11月現在)

・iOS: iOS 11.0以降
・Android: Android 6.0以上

※Bluetoothが搭載されている端末に限ります。

※Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、カシオ計算機(株)はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
※Apple、Appleロゴ、およびiPhoneは米国その他の国で登録されたApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
※IOSは米国シスコの商標または登録商標です。
※Androidおよびその他のマークは、Google LLCの商標です。
※その他の会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

G-SHOCK35年目の進化

G-SHOCK 35th

1983年の誕生以来、唯一無二のタフネスウオッチとして、独自の進化を続けるG-SHOCK。
その象徴として、今もなお語り継がれるのが初号機DW-5000C。
外部衝撃からモジュールを守る中空構造ケース、ウレタン樹脂による全方向カバリング、一切の無駄を削ぎ落としたスクエアフォルム。
すべては、耐衝撃構造を実現するために生み出された。

そして今。
G-SHOCK誕生35周年という節目の年に、原点のDNAを色濃く受け継ぐ、新たなスクエアモデルが誕生。
GMW-B5000。新たな耐衝撃構造の開発により実現したメタル外装。
スマートフォンリンクをはじめとした先進機能。すべてが、次なる伝説となる。
不変であることを誇りに、さらなる高みを目指して挑戦を続ける。
G-SHOCK。その強さの原点と進化がここにある。

CHRONICLE OF ORIGIN

ファーストモデル誕生から35年。
不変のスクエアデザインを受け継ぎながら、独自の進化を続けるG-SHOCK。

5000/5600 SERIES

DW-5000C

1983

DW-5000C-1A

記念すべき
ファーストモデル

WW-5100C-1

1983

WW-5100C-1

-30℃耐低温仕様

DW-5600C-1

1987

DW-5600C-1

5600シリーズ初号機

DW-500C-1

1988

DW-500C-1

BABY-Gの先駆け

DW-5600C

1992

DW-5600C-9B

初のイエローカラーモデル

DW-5600E-1

1996

DW-5600E-1

ELバックライト初搭載

DW-5600ED-4

1996

DW-5600ED-4

バンパープロテクター装備

DW-056USV-5T

1999

DW-056USV-5T

クロスバンド採用

DW-5000D-8JF

2001

DW-5000D-8JF

メタルバンド採用

DW-5600CF-3JF

2002

DW-5600CF-3JF

迷彩カラーモデル

G-5600-1JF

2002

G-5600-1JF

タフソーラー初搭載

G-5600L

2004

G-5600L-1JF

幅広レザーバンド

GW-5600J-1

2005

GW-5600J-1JF

初の電波ソーラー化

DW-5600SF-2JR

2006

DW-5600SF-2JR

6つのサーフブランド
コラボレーションモデル
「We Love Surfing」

DW-5600EH-7JR

2008

DW-5600EH-7JR

アーティスト「Eric Haze」
コラボレーションモデル

GW-5000-1JF

2009

GW-5000-1JF

世界6局電波に対応

GW-S5600-1JF

2010

GW-S5600-1JF

カーボンファイバー
インサートバンド採用

GLS-5600KL-6JF

2010

GLS-5600KL-6JF

人工オパール文字板採用

DW-5600PR-4JR

2011

DW-5600PR-4JR

アーティスト「Parra」
コラボレーションモデル

GB-5600AA-1JF

2012

GB-5600AA-1JF

スマートフォンリンク搭載

GW-M5610SD-8JF

2013

GW-M5610SD-8JF

デザートベージュカラー
モデル

DW-5600PM-1JF

2015

DW-5600PM-1JF

マーブル偏光塗装採用

DW-D5600BW-7JF

2015

DW-D5600BW-7JF

タイガーカモフラージュ
モデル

GMW-B5000D-1JF

2018

GMW-B5000D-1JF

フルメタル耐衝撃構造&
Bluetooth®搭載
電波ソーラー

CHALLENGE FOR
ABSOLUTE

あくなき挑戦こそ、G-SHOCKのタフネススピリット。
構造、機能、素材のすべてに、一切の妥協を排した唯一無二のこだわりを。

Structure 極限に耐えるタフネス構造

GMW-B5000D-1JF

1983
中空構造

中空構造のケース内でモジュールを宙に浮かせるように配置し、外部からの衝撃を緩和。素材には、衝撃吸収材としての柔軟性と、外装材としての堅牢性を併せ持つウレタン樹脂を使用。

全方向カバリング

1983
全方向
カバリング

ケース、ベゼルに凹凸形状を設け、ボタンやガラスへの直接衝撃を防止。また、バンド接続部をカーブ状に固定することで、ケース裏面への直接衝撃を防止する。

構造強化

1996
構造強化

インナーケースを樹脂製に、裏蓋をパネルバックに変更することで、さらなる軽量化を実現。さらに、モジュール自体の耐衝撃化を図るなど、構造変更により耐衝撃性を強化。

フルメタル化

2018
フルメタル化

耐衝撃に最適な形として考案された角形フォルムをメタル外装で実現。緩衝材を実装したステンレス製のベゼルとケース、3本足構造のバンド接続部など、新たな耐衝撃構造を開発。

Functions デジタル技術を駆使した先進機能

ライト機能

1996
ライト機能

ELバックライトの開発により、暗所での視認性を確保するライト機能の実用性を、従来の豆電球から大幅に向上。

タフソーラー

2002
タフソーラー

光を動力にかえ各種機能を安定駆動させるカシオ独自のソーラー充電システム。電池交換の手間を軽減する。

電波受信機能

2005
電波受信機能

標準電波を受信し時刻を自動修正。クオーツのみの時刻表示からその精度を大幅に向上。

スポーツ機能

2008
スポーツ機能

サーフライドに役立つ機能として、設定したエリアの潮汐情報がわかるタイドグラフ、ムーンデータを搭載。

スマートフォンリンク

2012
スマートフォンリンク

スマートフォンと連携し時刻を自動修正。さらに、時計設定をアプリ上で操作でき、日常における実用性を向上。

スマートフォンリンク

2018
Bluetooth
搭載
電波ソーラー

スマートフォンリンクとマルチバンド6電波ソーラーを同時搭載。世界中で正しい時を刻み、時刻合わせの手間を軽減。

Material 新たな素材への挑戦

樹脂ケース・バンド

1983
樹脂ケース・バンド

軽量で加工しやすいウレタン樹脂を採用。フォルム、デザイン、カラーの幅を大幅に拡大。

クロスバンド

1999
クロスバンド

軽量かつ耐久性の高い素材を用いることで、引張り、摩擦、引裂きに対する強度を向上。

メタルコアバンド

2005
メタルコア
バンド

樹脂製のバンドピース内にメタルパーツを埋め込み、軽量化と強度アップを同時に実現。

カーボンファイバーインサートバンド

2010
カーボン
ファイバー
インサート
バンド

引張耐久力に優れたカーボンファイバーを樹脂にインサートすることで、強靱なバンドを実現。

人工オパール文字板

2010
人口オパール
文字板

文字板に、光を反射させ強い輝きを放つ「人工オパール」を採用。カラフルな配色で、斬新なフェイスに仕上げた。

メタルケース・バンド

2018
メタルケース・
バンド

バンドステンレス素材で、樹脂モデルの造形を細部まで再現。仕上げにもこだわり、メタルの質感を最大限に引き出した。

Select a location