お気に入りに商品が追加されました。

五十嵐 カノア
五十嵐 カノア

Biography

名前: 五十嵐 カノア - Kanoa Igarashi -

サーファーである両親の影響で、3歳でサーフィンを始める。その3年後に初出場したローカルコンテストで初優勝を遂げたことは、今後の活躍を感じさせるものであった。類稀なるその才能を当時アマチュアUSAコーチ(ジョイ・ブラン氏)に見出され、最年少の9歳で強化選手としてUSAチーム入りを果たす。

2009年にはサーフィン界のレジェンド、トム・カレン(USA)の持つNSSA(全米アマチュアサーフィン連盟)最多優勝記録を30勝をマーク。この記録は未だに破られていない。12歳でNSSA全米ナショナルチャンピオン獲得と同時にNSSAサーキットを引退し、その戦いの場をASP(現WSL:ワールド・サーフ・リーグ)の試合へと移してゆく。

2012年、13歳の時にASP初優勝、またUSAチャンピオンシップU-18クラスを14歳という最年少記録(当時)で優勝を果たし、着々とそのキャリアを積み上げていく。2014年より世界サーフィンのTOPリーグWCT(ワールド・チャンピオンシップ・ツアー)入りを目指し、WSL QSツアーに参戦。

翌2015年にはブラジルで開催されたWSL-QS6000「マハロ・サーフ・エコ・フェスティバル」で優勝するなど好成績を残し、実質1年の挑戦で2016年CT(チャンピオンシップ)ツアーへと昇格を果たす。CTツアーではルーキーながらも全ツアー戦を通し、1回戦敗退が一度もないという堅調なサーフィンとクレーバーな戦いぶりを見せ、初戦の「クイックシルバー・プロ・ゴールドコースト」では9位、そして最終戦「ビラボン・パイプマスターズ」ではサーフ界の神ケリー・スレーター(USA)を破るなどして準優勝2位、年間最終ランキングを20位で、再び2017年WSL CTツアーへの資格を得る。

TEAM G-SHOCK

Kanoa Igarashi

五十嵐 カノア

Yadin Nicol

ヤディン ニコル

Keanu Chris Kamiyama

上山 キアヌ 久里朱

Malia Manuel

マリア・マニュエル

Mahina Maeda

前田 マヒナ

Select a location